TOKYOまち・ひと物語

忍者通じ「日本文化を世界に」 甚川浩志さん

「日本の和の価値観を世界に広めたい」と話す甚川浩志さん=あきる野市(太田泰撮影)
「日本の和の価値観を世界に広めたい」と話す甚川浩志さん=あきる野市(太田泰撮影)

映画や時代劇、マンガの題材としても根強い人気を誇る「忍者」は、海外での知名度も高い。野人流忍術「野忍(やにん)」主宰、甚川(じんかわ)浩志さん(51)=東京都あきる野市=は、自ら忍者にふんして「忍術体験プログラム」を企画している。忍者ゆかりの地の観光協会とも連携し、イベントなどでは子供や外国人観光客に向けて、忍者を介した日本文化の発信に取り組む。(太田泰)

体験プログラムでは自ら黒装束に身を包み、子供らに忍者道具などを丁寧に解説。その姿は、まるで現代に忍者がよみがえったかのようだ。幼稚園からの依頼や親子連れを対象としたイベントでは、実際に手裏剣打ちをしたり、自然の中で活動したりと、さまざまなことを楽しみながら体験できるように工夫している。

調査会社から転身

生まれは大阪府。大学卒業後、自動車メーカーから調査会社に転職した。その際、上司に「今日からお前は忍者だ」と言われたことを、今でも強烈に覚えているという。地道な調査活動に当たる姿を例えた言葉だったが、「あれが自分が最初に忍者になったときでした」と笑顔で振り返る。

調査会社に約5年勤務するなどした後に独立し、主に企業向けリスクマネジメントやコンサルタントの仕事を始めた。そうした中、リーマンショックや東日本大震災を目の当たりにして考えが大きく変わった。「世界が激しく変化する中、マネジメントもこれからは別の次元で考えないといけない」。それが「職業忍者」に至る原点だった。

マネジメントの経験を生かした事業を模索する中、もともと山登りなどのアウトドアが趣味だったこともあり、屋外での教育活動を思い立つ。そこで、英国発祥の「ボーイスカウト」などをヒントに構想を練った。「日本から世界に広めるならやっぱり忍者」とテーマを決め、約1年の準備期間を経て平成25年から今の活動を行っている。