丸川五輪相、小山田さん続投「理解できないと伝えた」

丸川珠代五輪担当相=20日午前、首相官邸(春名中撮影)
丸川珠代五輪担当相=20日午前、首相官邸(春名中撮影)

丸川珠代五輪相は20日の記者会見で、五輪開会式の楽曲制作担当だったミュージシャンの小山田圭吾さんの辞任をめぐり、東京五輪・パラリンピック組織委員会が当初、辞任を否定していたことに対して「理解できない」との意向を伝えていたことを明らかにした。

丸川氏は会見で組織委とのやり取りについて聞かれ、「最終的には組織委が判断したと認識している。少なくとも私自身は(辞任を否定した)組織委の当初の考えについて『理解できません』と申し上げていた」と述べた。

小山田さんは過去に雑誌のインタビューで学生時代に障害のある生徒をいじめていたことを告白。五輪開幕直前に問題となったが、組織委は当初、「現在は高い倫理観を持って創作活動に献身している」として担当を続けさせる意向を示していた。

丸川氏は「共生社会の実現に向けた心のバリアフリーの精神を伝えることに取り組んできた。政府としては大会の精神がしっかり共有されるよう努力したい」とも述べた。