「努力怠るところは交代」二階氏が候補差し替えに言及 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「努力怠るところは交代」二階氏が候補差し替えに言及

会見で記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長。後方は野田聖子幹事長代行=20日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
会見で記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長。後方は野田聖子幹事長代行=20日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

自民党の二階俊博幹事長は20日の記者会見で、次期衆院選で選挙活動の取り組みが不十分な候補を差し替える可能性に言及した。「努力を怠っているといわれているところは選手を代える。野球でもパッと代えるでしょ?」と述べた。衆院議員の任期が残り3カ月となるなか党内を引き締めた形だが、二階派(志帥会)を含む派閥間で公認争いが続く選挙区もあるだけに、臆測を呼びそうだ。

二階氏は、公認候補を決める基準として現職優先を打ち出す一方、地元の意向や党員獲得数なども重視する考えを示してきた。

党内で公認争いが続く選挙区のうち、衆院山口3区では、二階派の現職、河村建夫元官房長官に対抗する形で岸田派(宏池会)の林芳正元文部科学相が参院議員からのくら替え出馬を表明した。二階氏は同区の扱いについて「まずは地元の意向を聞いて対応する。勝てる候補を出さなければならないが、党の規約や基準に合わせなければいけないことも事実だ」と述べた。

また、衆院新潟2区では二階派の現職、鷲尾英一郎氏と細田派(清和政策研究会)の細田健一氏=比例北陸信越=がしのぎを削っている。細田派出身の安倍晋三前首相が細田氏の会合で「公認候補は細田氏で決まっている」と発言したことについて、二階氏は「(地元では)ややオーバーに話すのが通常だ」と語った。

一方、衆院群馬1区では、細田派の現職、尾身朝子氏と二階派の中曽根康隆氏=比例北関東=が公認候補の座を争っている。二階氏の側近の林幹雄幹事長代理は中曽根氏の会合で「(党の世論)調査で(2位に)15ポイント差をつけたら間違いなく進められる」と述べ、勝算がある方を公認する見通しを示している。