トヨタ直営店「レクサス」の車検不正は565台

トヨタ自動車東京本社の外観=東京都文京区(宮崎瑞穂撮影)
トヨタ自動車東京本社の外観=東京都文京区(宮崎瑞穂撮影)

トヨタ自動車は20日、直営の販売会社トヨタモビリティ東京の店舗「レクサス高輪」(東京・港区)が実施した車検のうち、565台で不正があったと発表した。検査の基準を満たすような数値への書き換えや必要な検査を実施しなかった法令違反を確認した。慢性的な人手不足が原因といい、トヨタは全国の販売店で不正の有無を調べる。

4月以降に行われた自主調査では見つからず、その後の6月の国の監査で不正が発覚した。565台は記録が残っている令和元年6月以降で確認できた件数で、それ以外にも不正があった可能性があるという。

不正は同店の検査員5人のうち4人が関与。ヘッドライトの明るさやタイヤの角度、ブレーキの利きの数値を書き換え、排ガスの成分や速度計の精度の項目では検査自体を怠った。これまでに事故などの被害は確認されていないという。対象車両は無償で再検査する。

会員限定記事会員サービス詳細