全国梅雨明け、夏本番 30度以上初の700地点

強い日差しの中ミナミの街中を行き交う人々=19日午後、大阪市中央区(須谷友郁撮影)
強い日差しの中ミナミの街中を行き交う人々=19日午後、大阪市中央区(須谷友郁撮影)

日本列島は19日、高気圧に覆われてよく晴れ、各地で気温が上昇した。四国の梅雨明けも発表され、全国が夏本番を迎えた。真夏日(30度以上)の観測点は今年初めて700カ所を超え、うち100カ所以上が猛暑日(35度以上)となった。

20日も各地で気温が上昇する見込みで、小まめな水分・塩分補給といった熱中症対策が必要だ。

気象庁によると、19日は山梨県甲州市と岩手県奥州市で最高気温37・3度を記録した。他に京都市中京区と福島市で37・2度、群馬県桐生市と栃木県佐野市で37・1度を観測した。

会員限定記事会員サービス詳細