化学工場で火災けが人なし 山口

19日午前11時5分ごろ、山口県周南市御影町の総合化学メーカー「トクヤマ」の徳山製造所の工場で、従業員から「火災が発生した」と119番があった。山口県警周南署などによると、けが人はいない。

同社によると、工場ではソーダ灰を製造しており、火災は重炭酸ナトリウムをつくるプラントで発生した。プラントは14日から年に1度の定期修理中だった。施設の腐食を防ぐために使っているゴムが何らかの原因で燃えたとみている。有毒ガスの発生はないという。

会員限定記事会員サービス詳細