英イングランド、コロナ共存へ規制撤廃、個人が対策、急増に懸念「自由の日」

英政府は19日、ロンドンを含む南部イングランドで新型コロナウイルス対策の行動規制を、ほぼ撤廃した。感染防止策を個人の判断に任せ、ウイルスと共存しながら社会・経済活動の再生を目指す。だが感染力が強いインド由来のデルタ株が急増する中、1日の新規感染者は5万人前後で高止まりしており、国民の懸念は根強い。

政府は、夏までに1日の感染者数が10万人に達する恐れがあると推計するが、ワクチン接種が進み、死者数が流行最盛期ほど増えていないことを踏まえた。19日は英メディアで「フリーダムデー(自由の日)」と呼ばれている。

これまで強いられていたナイトクラブなどの休業や在宅勤務の奨励、対人距離を保つルール、公共の場でのマスク着用義務などを解除。陽性者と濃厚接触した人に対する自主隔離義務は19日以降も残る。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細