北が対中貿易一部再開 農業物資調達か

北朝鮮の朝鮮労働党政治局拡大会議に臨む金正恩総書記=6月29日、平壌(朝鮮通信=共同)
北朝鮮の朝鮮労働党政治局拡大会議に臨む金正恩総書記=6月29日、平壌(朝鮮通信=共同)

中国税関総署は18日、北朝鮮との6月の貿易総額は1413万6千ドル(約15億6千万円)だったと発表した。貿易が急激に落ち込んだ5月の約4倍。北朝鮮は新型コロナウイルス対策で国境封鎖を続けているが、中国からの物資調達を一部再開した。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は6月中旬の党中央委員会総会で食糧事情が切迫していることを認め、対策を指示した。農業物資や生活必需品を調達した可能性がある。ただ貿易総額は国境封鎖前の2019年6月と比べるとわずか約6%で、正常化にはほど遠い水準だ。

21年1~6月の累計では前年同期比84%減、国境封鎖前の19年同期比では95%減となった。

税関総署によると、今年6月の貿易総額のうち北朝鮮への輸出が87%を占め、1231万8千ドル。北朝鮮からの輸入は181万8千ドル。内訳はまだ公表されていない。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細