大阪の交番襲撃、初公判 「無駄な動きがなかった」 負傷の警官証言

大阪地裁=大阪市北区
大阪地裁=大阪市北区

大阪府吹田市の交番で令和元年6月、警察官を刺して重傷を負わせ、拳銃を奪ったとして強盗殺人未遂などの罪に問われた無職、飯森(いいもり)裕次郎被告(35)の裁判員裁判の初公判が19日、大阪地裁(渡部市郎裁判長)で開かれ、被告は起訴内容を認めた。当時巡査で重傷を負った古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査長(28)が証人として出廷し、事件当時の被告を「一点だけに集中しているような表情で、無駄な動きがなかった」と振り返った。

古瀬巡査長は、バイクで出動しようとしたら背後から「おい」と声をかけられ、振り向くと被告が突然包丁を振り下ろしてきた、と証言。被告に襲われると、もみ合いになった末、馬乗りで胸や腕を10回以上刺されたり殴られたりしたなどと述べた。この後、被告が腰の拳銃に手を伸ばしたため必死に抵抗したが、大量出血で力が入らず、奪われたという。

古瀬巡査長は事件で一時意識不明となったが、昨年1月に職場復帰。しかし肺や足に後遺症があり、交番などの現場勤務には戻れていないという。拳銃を奪われた後悔から一時は辞職を覚悟したが、「周囲からの励ましを受け、今は頑張ろうと思っている」と話し、被告には「何がしたかったのか、自分の口で話してほしい」と望んだ。

この日、被告は罪状認否で「たぶん僕がやったであろうことは認めますが、正直分かりません」と述べた。弁護側は事件を起こしたことは争わないとした上で「統合失調症の影響で、刑事責任能力を問えない可能性がある」と無罪を主張。冒頭陳述で検察側は統合失調症の影響は認めつつ、限定的な責任能力はあったと指摘した。

起訴状によると、被告は元年6月16日早朝、大阪府警吹田署千里山交番の駐車場で、古瀬巡査長の胸などを包丁で複数回刺し、実弾の入った拳銃を奪ったなどとしている。

会員限定記事会員サービス詳細