復活させたうつのみや花火大会 「想い」受け継ぎ奮闘

一昨年夏に開催されたうつのみや花火大会の様子(うつのみや百年花火提供)
一昨年夏に開催されたうつのみや花火大会の様子(うつのみや百年花火提供)

新型コロナウイルス禍により夏の風物詩の花火大会の中止が各地で相次ぐ中、宇都宮市のNPO法人(特定非営利活動法人)「うつのみや百年花火」(沢村彬男会長)は「うつのみや花火大会」の8月14日開催に踏み切る。平成15年に一度は休止した同大会は、19年に市民ボランティアの力で復活。今年で15回目を数える。NPO法人が主催し、実行委員会のメンバーから会場スタッフまで、すべてボランティアという全国でも異色の運営形式。関係者は「子供たちに笑顔を」という復活時の思いを受け継ぎ、奮闘している。

再び「ひと花」を

「想(おも)い」。うつのみや花火大会の開催を告げるポスターに描かれた今年のテーマだ。コロナ禍での開催について、支援者や実行委員会のNPO法人内でも賛否が飛び交う中、「今年も会場での開催ができなければ、運営のノウハウが受け継がれなくなって活動が停滞してしまう」として、コロナ対策に万全を期した上で準備を進めることにした。

テーマに込められたのは一度は宇都宮から消えた花火大会の復活を目指し、30代の若手経営者ら約10人が実行委員会を結成したその当時の志だ。

当時32歳だった有志の一人、炭田恵崇(よしたか)さん(47)は、5歳の息子が描いた花火の絵が線香花火だったことにがくぜんとした。物心がついてから、打ち上げ花火を見せたことがないことに思い当たった。「子供たちに空を見上げて花火を見る楽しさを伝えたい」との思いを強くした。

こうして炭田さんら10人は「宇都宮の子供たちに夢と希望、感動を」をスローガンに実行委員会を立ち上げる。合言葉は「ひと花咲かせてやろうぜ」。有志一人一人が仲間を10人ずつ集めて組織を拡大した。