現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「ゼロコロナ」という病の処方箋 京都大学大学院教授・藤井聡

京都大大学院教授の藤井聡氏
京都大大学院教授の藤井聡氏

≪正当化し難き4度目の宣言≫

菅義偉首相の4度目の緊急事態宣言の発出を耳にしたとき、啞然(あぜん)とした心持ちとなった国民は多かろうと思う。そもそも、「五輪を絶対にやる」という菅首相の方針から言うなら、軽々なる緊急事態宣言などあり得ないはずだったからだ。

緊急事態宣言下では、例えば小中学校の運動会等が中止になるのだから、世紀の大イベントである五輪など開催できるはずなどないというのが大方の見立てだった。だから多くの国民は、「だったら五輪もやめろ!」と強い不満を抱いたのである。

ランキング

  1. 【産経抄】5月18日

  2. 【主張】原発審査の提言 首相が再稼働を主導せよ

  3. 【主張】北コロナ感染拡大 まず軍事挑発停止が先だ

  4. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  5. 【浪速風】国技が教えてくれる

  6. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  7. 【産経抄】5月17日

  8. 【正論】ウクライナ人の「決意」に学べ 防衛大学校教授・神谷万丈

  9. 【風を読む】シェルター整備は首相の務めだ 論説副委員長・榊原智

  10. 【産経抄】5月16日

会員限定記事