現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「ゼロコロナ」という病の処方箋 京都大学大学院教授・藤井聡

京都大大学院教授の藤井聡氏
京都大大学院教授の藤井聡氏

≪正当化し難き4度目の宣言≫

菅義偉首相の4度目の緊急事態宣言の発出を耳にしたとき、啞然(あぜん)とした心持ちとなった国民は多かろうと思う。そもそも、「五輪を絶対にやる」という菅首相の方針から言うなら、軽々なる緊急事態宣言などあり得ないはずだったからだ。

緊急事態宣言下では、例えば小中学校の運動会等が中止になるのだから、世紀の大イベントである五輪など開催できるはずなどないというのが大方の見立てだった。だから多くの国民は、「だったら五輪もやめろ!」と強い不満を抱いたのである。

ランキング

  1. 【浪速風】43歳だった

  2. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  3. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  4. 【産経抄】5月28日

  5. 【ソウルからヨボセヨ】車は〝下車感〟が重要

  6. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

  7. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(27)琉球ジム会長・仲井真重次 沖縄のジムから世界へ

  8. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  9. 【産経抄】5月27日

  10. 【浪速風】はじめてのおつかい

会員限定記事