愛媛の官製談合 元市職員と業者に有罪判決

愛媛県四国中央市の海岸工事の入札を前に、秘密事項の価格情報を漏洩(ろうえい)したとして、官製談合防止法違反などの罪に問われた元市職員、三鍋久司被告(51)に、松山地裁(楠真由子裁判官)は19日、懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

漏洩された価格情報に基づき落札したとして公競売入札妨害罪に問われた土木会社の元社長、三好正忠被告(49)には懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決。

楠裁判官は「入札の公正を害し、市政に対する信頼を大きく損なった」と述べた。三鍋被告が市議による働き掛けを機に犯行に及んだと主張した点は「公務員の立場や責任を軽んじるものと評価せざるを得ない」と批判した。一方で両被告とも反省の態度を示しているとして執行猶予とした。

会員限定記事会員サービス詳細