ソフトボール日本代表が福島入り 開会式前の21日開幕 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ソフトボール日本代表が福島入り 開会式前の21日開幕

福島市に到着した山田(中央右)、宇津木監督(同左)らソフトボール日本代表=19日午前
福島市に到着した山田(中央右)、宇津木監督(同左)らソフトボール日本代表=19日午前

東京五輪で金メダル獲得を目指すソフトボール日本代表が19日、開幕戦の舞台となる福島市に入った。ソフトボールは全競技に先駆けて開会式の2日前の21日に始まり、22日も含めて計6試合が福島県営あづま球場で行われる。日本はオーストラリアと午前9時開始の開幕戦で対戦する。

選手は午前9時すぎに東京駅のホームに到着すると記念撮影をするなど終始リラックスした様子。1両を貸し切った車両に乗り込み、福島に向かった。福島駅では混乱なく選手村のホテルに誘導するため到着前から多くのボランティアが集まった。

東京五輪は東日本大震災からの「復興五輪」を大会理念に掲げ、28日にスタートする野球でも日本―ドミニカ共和国の開幕戦を福島市で行う。新型コロナウイルスの感染状況の悪化などを理由に、当初の方針から一転して無観客での開催が決まっている。

ソフトボールは米国、メキシコ、カナダ、イタリアを含めた6チームが出場。総当たりの1次リーグを行い、1、2位が27日に横浜市の横浜スタジアムで行われる決勝に進む。

ボトムコンテンツ