五輪バイト中、国立競技場で女性に乱暴 容疑の外国人逮捕 - 産経ニュース

メインコンテンツ

五輪バイト中、国立競技場で女性に乱暴 容疑の外国人逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

東京五輪のメイン会場となる国立競技場内で、大会関連のアルバイト中に女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁組織犯罪対策2課と四谷署は18日、強制性交の疑いで、ウズベキスタン国籍の大学生、ダヴロンベク・ラフマトゥッラエフ容疑者(30)を逮捕した。同課によると、「相手は嫌がっていなかった」と容疑を否認している。

逮捕容疑は7月16日午後9時ごろ、東京都新宿区の国立競技場の観覧席や通路で、20代女性にわいせつな行為をしたとしている。

容疑者は国立競技場の敷地内にあるプレスセンターに食事を提供する会社でアルバイトをしており、女性も国立競技場敷地内で東京五輪関連のアルバイトをしていた。

女性とは事件当日に知り合ったといい、仕事終わりに東京五輪の閉会式のリハーサルを見学した後、わいせつな行為に及んだとみられる。

ボトムコンテンツ

競技別の記事一覧