韓国、軍艦島「遺憾」決議を歓迎

長崎市の端島(通称・軍艦島)
長崎市の端島(通称・軍艦島)

世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を紹介する施設での端島炭坑(通称・軍艦島)に関する展示について、ユネスコが「強い遺憾」を決議文で表明する見通しとなったことを、軍艦島で朝鮮半島出身者への強制労働があったと主張してきた韓国政府やメディアは一斉に歓迎した。韓国が歴史問題で一層攻勢を仕掛けてくる可能性がある。

決議案が12日に公開されると、韓国外務省は即座にこれを発表。外務省当局者は「国際機関の文案に『強い遺憾』という表現が入るのは極めて異例だ」とし、国際世論をめぐる成果を強調した。韓国紙、中央日報は「日本は東京五輪開幕を控え、国際的に恥をかいた」と伝えた。朝鮮日報は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪日や首脳会談をめぐる日韓の駆け引きが過熱する中、「軍艦島問題が両国の交渉にも影響する」可能性を指摘した。(ソウル 桜井紀雄)

軍艦島「遺憾」決議 日本は主張の機会確約されず