教えて!K-da先生

集中豪雨 地中の水分、限界超え災害に

今年も梅雨の終わりに各地で集中豪雨によって大きな被害が発生しました。静岡県熱海市では土石流で多くの死者・行方不明者が出ました。九州南部や山陰でも川の氾濫(はんらん)などがありましたね。

梅雨とは6、7月ごろ、オホーツク海高気圧と呼ばれる冷たく湿った空気と太平洋高気圧と呼ばれる暖かく湿った空気が、日本の上空でぶつかり合って雲が発生し、雨を降らせる季節を指します。

この雲が長い時間とどまって雨を降らせます。やがて太平洋高気圧がもっと強くなると暑くなって夏が来るのです。

雲ができる仕組みを簡単に説明しましょう。冷蔵庫・冷凍庫を開けると一瞬、白い煙のようなものが見えますね。

これは外の空気が冷蔵庫・冷凍庫の冷たい空気と混ざり、空気の中に水蒸気の状態でいられなくなった小さな水滴が光を反射させ白く見えるのです。雲も同じ原理で発生します。この雲が地上に落ちると雨になります。梅雨前線は湿った空気がぶつかり合うので、より多くの雨を降らせます。梅雨の終わり頃は、たくさん降った雨が地面の中にたまり、限界を超えると土砂崩れや洪水を引き起こします。

さらに近年、集中豪雨の原因といわれるのが線状降水帯です。これは暖かい空気が上昇気流に乗って上空まで上がり冷たい空気と混じり、次々と積乱雲(入道雲)ができ、線のように並ぶ現象です。短い時間に、これまでに経験したことのない大量の雨が降るのが特徴です。

原因やメカニズムが完全に分かっているわけではないそうで、地球温暖化がその一因ともいわれています。だから人間が努力すれば自然災害を減らすことができるかもしれません。


お知らせ

お知らせのニュースをもっと見る