菅首相、総裁選出馬を明言 ワクチン月内に5割接種

菅義偉首相=16日午前、首相官邸(春名中撮影)
菅義偉首相=16日午前、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は17日、読売テレビの番組に出演し、9月末に任期満了を迎える自民党総裁選について「出馬するというのは、時期が来れば当然のことだろう」と明言した。新型コロナウイルスのワクチンについて、7月中に国民の5割の接種を完了させる見通しを示した。

菅氏は番組で、ワクチン接種が国民の約4割に達すれば感染者が減少するとの分析を挙げ「7月いっぱいで(接種を)5割まで届けたい」と強調。10月から11月までの早期に希望者すべての接種を完了させる方針を示した。

一方、内閣改造については「まずワクチン対策に今の内閣で全力で挙げていくことが大事だ」と述べ、慎重な姿勢を示した。また「私の(党総裁)任期も限られている。衆院(議員)の任期も同じだ。そうした中で解散・総選挙も視野に入ってくる」と述べた。