人間国宝に琉球舞踊の宮城さん・志田さんら

人間国宝に選ばれ思いを語る、琉球舞踊立方の宮城幸子さん
人間国宝に選ばれ思いを語る、琉球舞踊立方の宮城幸子さん

文化審議会は16日、重要無形文化財保持者(人間国宝)に、琉球舞踊立方の宮城幸子(ゆきこ)さん(87)=那覇市=と志田房子さん(84)=本名フサ子、東京都練馬区=ら4人を認定するよう萩生田光一文部科学相に答申した。琉球舞踊の分野からの人間国宝は初めて。

他の2人は人形浄瑠璃(じょうるり)文楽の人形遣い、桐竹勘十郎さん(68)=本名宮永豊実、大阪市=と茶の湯釜の角谷勇圭(かくたに・ゆうけい)さん(78)=本名勇治、大阪府東大阪市。政府は秋にも答申通り告示し、人間国宝は計114人となる。

琉球舞踊は平成21年に国の重要無形文化財に指定されたが、その技術を体得した個人を認定する人間国宝はいなかった。今回踊り手の「立方」2人が選ばれた。