マンション火災6人重軽傷、遺品作業中に爆発か 大阪 - 産経ニュース

メインコンテンツ

マンション火災6人重軽傷、遺品作業中に爆発か 大阪

15日午後6時45分ごろ、大阪市東淀川区上新庄の8階建てマンションで「大きな爆発音がして上から物が落ちてきた」と通行人の女性から近くの交番に申告があった。大阪府警東淀川署によると、火元となったマンション7階の空き部屋で遺品整理の仕事をしていた30代の男性従業員3人が顔面などにやけどを負い、住人の男女3人が煙を吸うなど、男女6人が病院に搬送され、重軽傷を負った。

同署などによると、従業員は空き部屋で同日午後から作業中、「突然何かが爆発して火が出た」と話している。この火災で一室約25平方メートルを全焼し、午後8時半ごろに鎮火。同署などが出火原因を調べている。

現場は、阪急上新庄駅から西約400メートルの国道479号に面した住宅街。周辺では窓ガラスが散乱するなど一時騒然とした。