日米韓次官、21日に北対応など協議

外務省
外務省

外務省は16日、日米韓3カ国の外務次官級協議を21日に東京都内で開催すると発表した。北朝鮮への対応を中心に、幅広い分野での協力について議論する。前回は2017年10月に韓国・ソウルで開催した。菅義偉(すが・よしひで)首相とバイデン米大統領がそれぞれ就任してからは初めてで、改めて日米韓の結束を確認する。

協議には、外務省の森健良事務次官と、来日する米国のシャーマン国務副長官、韓国の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1外務次官が出席する。

森氏は20日にシャーマン氏、崔氏とそれぞれ協議を行う予定だ。