パンダの5色クリームソーダ登場  白浜のホテル - 産経ニュース

メインコンテンツ

パンダの5色クリームソーダ登場  白浜のホテル

発売された「5色のパンダクリームソーダ」=和歌山県白浜町
発売された「5色のパンダクリームソーダ」=和歌山県白浜町

和歌山県白浜町の白良浜(しららはま)が海開きしたのに合わせて、そばにある白良荘(しららそう)グランドホテルで、かわいらしいパンダをかたどったクリームソーダが発売された。初めての試み。テークアウトもでき、独特の白い砂浜でくつろぎながらさわやかな味を楽しめる。

販売は海開きした今月1日からスタートし、海水浴場の開設期間の8月31日まで。ピンク、イエロー、レッド、グリーン、ブルーの5色があり、「5色のパンダクリームソーダ」と命名。アイスクリームの上にチョコレートで目と耳、鼻をつけてパンダにし、パラソルもあしらっている。

クリームソーダをつくっているスタッフの大矢根紗弓(さゆみ)さん(25)は「目の位置によって顔が変わってくるので、かわいい顔にするよう心掛けている。すぐに溶けてしまうので、素早く作業することが重要」と話す。

各色1日10杯限定で、1階ロビーラウンジ「シュガービーチ」で販売。1杯650円。

ホテルでは「写真を撮れば、SNS(会員制交流サイト)映えします。多くの人に味わってほしい」とPR。問い合わせはホテル(0739・43・0100)。