池袋公判

父親の上原義教さん、意見陳述全文

亡くなった松永真菜さんの父、上原義教さん(左から2人目)
亡くなった松永真菜さんの父、上原義教さん(左から2人目)

東京・池袋で平成31年4月、乗用車が暴走し、松永真菜さん=当時(31)=と長女、莉子ちゃん=同(3)=が死亡した事故の15日の東京地裁の公判で、真菜さんの父、上原義教さん(63)が行った意見陳述は次の通り(文面は原文通り)。

1、はじめに

私は松永真菜の父です。真菜は5人きょうだいの三女として、昭和62年9月13日に沖縄県那覇市で生まれました。長女は真菜より6歳上、二女は3歳上、四女は2歳下、末っ子の長男は9歳下で、私と妻と合わせて7人家族、莉子は私にとって3人目の孫です。二女と妻を病気で亡くしましたが、娘たちは結婚し、孫たちが生まれ、お互い支え合ってこれまで生きてきました。大事な二人をまさか事故で失うとは思っていませんでした。真菜や莉子がどんな人だったか、私にとってどれほど大事な存在だったか、突然いなくなってどんなに辛いか、気持ちを述べたいと思います。

2、私自身のこと

私自身は家庭環境に恵まれず、家族の愛情を知らず、辛い少年時代を過ごしました。しかし、18歳の時に妻と出会い、優しくて可愛らしい人柄にひかれて結婚し、常に、自分の家族が最優先、絶対に温かい家族にしようと考え、生きてきました。妻には婦人科系の病気があったので、子供は出来ないと思っていたのに、5人もの子供に恵まれました。7人家族、裕福ではありませんでしたが、みんなで助け合って賑やかに、笑顔の絶えない家庭でした。私は仕事を終えて家に帰るのがとても楽しみで、家族と過ごす時間を楽しみに毎日を過ごしてきました。この家庭を守るために、自分の全てをかけて生きていこうと、いつも心の中で思っていました。

会員限定記事会員サービス詳細