【check!ラジオ大阪】開局63周年 ラジオで想いを届けます - 産経ニュース

メインコンテンツ

check!ラジオ大阪

開局63周年 ラジオで想いを届けます

ラジオ大阪(OBC)は7月19日(月)、ラジオ大阪開局63周年スペシャル「ラジオで想いを届ける12時間!~大阪・関西と全国をつなげます~」を放送します。7時30分から19時45分までの4つのワイド番組を通して、コロナ禍で行けない場所や逢えない人に、ラジオで想いを届けます。

出演パーソナリティは、南かおり(「”新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス」毎週月~金曜 7時30~)、西川かの子、桂三語(「OBCグッドアフタヌーン!#ラジぐぅ」毎週月~木曜 11時~)、髙岡美樹、旭堂南湖(「Hit&Hit!」毎週月~金曜 14時~)、笑福亭鉄瓶、松本美香(「hanashikaの時間。」毎週月~木曜 18時~)。

各番組では、パーソナリティが全国にいる「ご縁」のある人と電話をつなぎます。旅先での偶然の出会いをきっかけに始まった縁や、志でつながった縁など、出会いを振り返り、近況を聞きます。

また、ゲストにも「日本各地への想い」をテーマに、石田靖には、これまで訪れた中から特に思い出深い場所を、「よしもと住みます芸人」のきり亭たん方には、現在住んでいる秋田県への想いと地域を盛り上げる取り組みを、歌手の水森かおりには、数々のご当地ソングにまつわるエピソードや思い入れを、東日本大震災の被災経験を持つ、歌手・福島はじめには地元福島県への想いを。それぞれの各地への熱い想いをたっぷり聞きます。

このほか、ラジオ大阪アナウンサーは想いの届け人となってスタジオを飛び出し、届け先から生レポートします。リスナーからも、一日を通して「想い出のあの人・あの場所」にまつわるメッセージを募集し、番組でご紹介。各地の記憶がよみがえる「ご当地ソング・旅ソング」もお楽しみください。パーソナリティが選ぶお中元や、番組中に紹介した商品などのプレゼントもあります。

詳しい内容は、「ラジオ大阪 開局63周年」と検索して、特設ホームぺージをご覧ください。放送は、ラジオ受信機のほか、パソコンやスマートフォンからはradikoで、放送後1週間聴くことができます。