車掌の仕事、動画で紹介 JR東、夏休み自由研究に

電車のシミュレーターでドアの開け閉めを実演するJR東日本の車掌=15日午後、東京・池袋駅近くの訓練施設
電車のシミュレーターでドアの開け閉めを実演するJR東日本の車掌=15日午後、東京・池袋駅近くの訓練施設

山手線の車掌は電車のドアを1日300回開け閉めする―。JR東日本は15日、東京・池袋駅近くの訓練施設で、車掌の仕事を紹介する公式のインターネット番組のリハーサルを報道陣に公開した。番組は小学生の夏休みの自由研究に役立ててもらう狙いで、8月に生配信する。

リハーサルでは車掌が電車のシミュレーターに乗り込み、駅ホームを映したモニターを見ながら安全確認とドアの開閉を実演。ナレーター役の社員が「山手線は10秒単位で運行を管理している」「利用者の多い品川駅は車掌のドアさばきの見せどころ」と解説した。

番組は五つあり各1時間。JR東のショッピングサイト「JRE MALL」で料金を支払うと視聴できる。生配信の期間は8月10~22日。

JR東日本が車掌の仕事を紹介するインターネット番組のリハーサル=15日午後、東京・池袋駅近くの訓練施設
JR東日本が車掌の仕事を紹介するインターネット番組のリハーサル=15日午後、東京・池袋駅近くの訓練施設