急な大雨、地下道に注意、JAF群馬支部

JAF群馬支部が調査した道路(高崎インター地下道)
JAF群馬支部が調査した道路(高崎インター地下道)

群馬県内での急な大雨の発生をうけ、日本自動車連盟(JAF)群馬支部はアンダーパス(地下道)などの運転について注意を呼びかけている。

アンダーパス(地下道)や川沿いの道路は、水深を示す路面表示や「冠水注意」といった看板が設置されている場合もある。だが、見た目以上に水深が深い場合もあるので、無理に進入しないでほしいとしている。また、冠水路を走行することで、エンジンルームに水が入り、車が動かなくなるケースもある。

このため、大雨時の注意点として、普段から水深表示や冠水注意の看板、警告灯がある道路を頭に入れておく▽普段通行する道路でも、大雨による冠水の恐れがある場合は別な道路を使用する▽大雨や台風の際には川沿いに近づかない―などの対策が必要という。

このほか、山沿いや傾斜地では、土石流やがけ崩れなどの土砂災害が考えられるため、無理に近づかない、走行しないことも重要という。ハザードマップで危険個所を把握しておくことで、早めの避難行動にもつながるとしている。

会員限定記事会員サービス詳細