女性アスリートの「盗撮」 加藤長官「看過できない問題」

会見に臨む加藤勝信官房長官=15日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=15日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、女性アスリートが競技会場で性的な目的で撮影されたり、わいせつな加工が施された画像が拡散されたりする被害が増えていることを「看過できない」と批判した。東京五輪・パラリンピックを控え、関係省庁で法整備のあり方を検討していることも明らかにした。

加藤氏は、日本オリンピック委員会(JOC)などがスポーツ界全体に向けて啓発活動を行っているとも指摘し、政府もスポーツ庁や法務省、警察庁などが連携しながら相談窓口の周知などを進めていると説明した。