現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月15日

おかっぱ頭の12歳の少女が演奏を終えると、審査員全員が拍手していた。「天才」「悪魔の子」といった感嘆の声も聞こえてくる。バイオリニストの辻久子さんは昭和13年、クラシック界の登竜門だった音楽コンクールで断トツの1位となった。

▼辻さんをモデルにした小説『道なき道』にこんな場面がある。辻さんのもとに詰めかけた新聞記者やレコード会社の関係者に父親が一席ぶつ。「天才…? 莫迦莫迦(ばかばか)しい。天才じゃありません。努力です。訓練です。私はもう少しでこの子を殺してしまうところでした」。作者の織田作之助が誇張して書いたわけではない。

▼辻さんは6歳から、独学でバイオリン奏者になった父親にしごかれた。練習中は容赦なくげんこつが飛んでくる。小学3年のとき室戸台風で小学校の校舎が倒れた。駆けつけた父親の第一声は「指は大丈夫か」である。まもなく学校もやめさせられた。小説は、東京から大阪に帰る汽車のなかで、父親が娘をこれまで以上に苛(いじ)め抜くと決意したところで終わる。

ランキング

  1. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  2. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  3. 【野口健の直球&曲球】栗城史多さん、1つぐらい諦めてもよかったのに…

  4. 【正論】杉原千畝は有名なのに…樋口季一郎中将はなぜ忘却されたのか 新潟県立大学教授・袴田茂樹

  5. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  6. 【産経抄】5月21日

  7. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  8. 【主張】小6女児の自殺 SNS教育を総点検せよ

  9. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  10. 【産経抄】10月2日

会員限定記事