パキスタンでバス爆発、中国人9人死亡 一帯一路関連 - 産経ニュース

メインコンテンツ

パキスタンでバス爆発、中国人9人死亡 一帯一路関連

バスの事故現場=パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州(AP)
バスの事故現場=パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州(AP)

【シンガポール=森浩、北京=三塚聖平】パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州の山岳地帯で14日、中国人技術者らが乗ったバスが爆発して谷に落ち、中国人9人を含む少なくとも12人が死亡した。バスは、巨大経済圏構想「一帯一路」関連事業である水力発電所の建設現場に向かう途中だったという。

爆発の原因について、パキスタン当局は「ガス漏れによる事故」と主張しているが、中国外務省は14日の会見で、「徹底的な捜査や犯人逮捕を求める」などとして「襲撃事件」との見方を示した。

パキスタン国内ではイスラム武装勢力が、パキスタン政府と友好関係にある中国の関係者を標的にする攻撃を繰り返している。4月には中国大使が滞在していたホテルで爆発があり、警官らが死亡する事件も起きた。