西村氏発言は「不適切」 自民・下村政調会長

自民党・下村博文政調会長(春名中撮影)
自民党・下村博文政調会長(春名中撮影)

自民党の下村博文政調会長は14日、党経済成長戦略本部の会合で、新型コロナウイルス対策の酒類提供停止をめぐる西村康稔経済再生担当相の一連の発言に関し「不適切な発言だ」と苦言を呈した。

下村氏は「心のこもった対応を講じることが自民党の立場であり、西村氏の発言はわが党の考えと異なる」と指摘。政府に対しては「国民、事業者の目線に立った発言、表現、言い回しを今まで以上に心がけ、重要な決定は事前に党との連携を密にすることを改めて注文する」と強調した。