大気不安定、各地で大雨 4県に土砂災害警戒情報

14日午後6時現在のひまわり雲画像
14日午後6時現在のひまわり雲画像

14日は東海や中国、四国を中心に各地で大雨となり、兵庫、福井、福島、岐阜の4県の一部自治体には土砂災害警戒情報も発表された。気象庁は大気が不安定な状態は16日にかけて続くとみられるとして、西日本から東日本の山沿いを中心に大雨による土砂災害、浸水、河川の増水・氾濫に厳重警戒を呼び掛けた。

気象庁によると、日本の上空約6千メートルに氷点下6度以下の寒気が流入。南からは暖かく湿った空気が吹き込み、大気の状態が非常に不安定になっている。雷や竜巻などの突風、ひょうにも注意が必要だ。

15日夕方までの24時間予想雨量は多い場所で中国120ミリ、東海、九州北部100ミリ、関東甲信、北陸、近畿、四国80ミリ、東北60ミリ。

14日に観測された12時間降水量は、沖縄県宮古島市で160ミリ、浜松市天竜区で100ミリ、高知県津野町で80ミリ、岐阜県八百津町で70ミリを超えた。

会員限定記事会員サービス詳細