「表現の不自由展」会場に脅迫文 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「表現の不自由展」会場に脅迫文

「表現の不自由展かんさい」の開催が予定されている大阪府立労働センター「エル・おおさか」=大阪市中央区
「表現の不自由展かんさい」の開催が予定されている大阪府立労働センター「エル・おおさか」=大阪市中央区

16~18日に展示会「表現の不自由展かんさい」の開催が予定されている大阪府立労働センター(エル・おおさか、大阪市中央区)に「開催するなら実力で阻止する」などと書かれた脅迫文が届いたことが14日、分かった。施設の指定管理者から相談を受けた大阪府警東署が調べている。

指定管理者によると、脅迫文は13日に郵送で届き、「(展示会を開催する場合は)不測の事態が生じる」「施設の破壊、人的攻撃に向かう」といった内容だった。差出人は存在が確認できない団体名が記され、大阪府南部の消印が押されていたという。

展示会をめぐっては、開催について抗議が殺到し、「安全の確保が困難」として施設側が6月25日付で利用の承認を取り消した。その後、展示会側から申し立てを受けた大阪地裁が今月9日に利用を認める決定を出し、施設側が大阪高裁に即時抗告している。