中国、防衛白書に「脅威誇張し無責任」と反発 - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国、防衛白書に「脅威誇張し無責任」と反発

記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長(共同)
記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長(共同)

【瀋陽=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は13日の記者会見で、日本が令和3年版防衛白書で「台湾情勢の安定」の重要性を明記したことに対し、「台湾問題は中国の内政であり、いかなる国が、いかなる形で干渉することも絶対に許さない」と反発した。日本側に「強烈な不満と断固たる反対」を表明した。

趙氏は「いわゆる中国の脅威を誇張している。これは極めて誤った、無責任なものだ」と非難した。

中国海警局による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海侵入については「釣魚島(尖閣諸島の中国側名称)とその付属島嶼(とうしょ)は中国の領土の不可分の一部で、その海域でのパトロールや法執行は正当で合法だ」と主張した。2月に施行した海警法についても「国際法と国際的な実践に適合している」と正当化した。

米国が主導するインド太平洋戦略についても「集団による対抗だ」と非難。「ごみの山に捨てるべきだ」と牽制(けんせい)した。