現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月13日


歌人の吉野秀雄は、昭和42年7月13日、65歳で亡くなっている。本日は吉野の号「艸心(そうしん)」にちなんで、「艸心忌」とも呼ばれる。

▼評論家の坪内祐三さんは、かつて毎日新聞に連載した「日記から 50人、50の『その時』」で、吉野の『病床日録』を取り上げている。「幸ひ秋空美しく晴れ上りて日本中のよろこびとなる」。引用したのは39年10月10日、東京五輪の開会式の日の記述である。

ランキング

  1. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  2. 【産経抄】5月25日

  3. 【iRONNA発】元少年Aの「性的サディズム」は本当に解消されたのか 立正大学文学部教授・小宮信夫

  4. 【正論】中絶の「死の文化」を広げぬため 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

  5. 【浪速風】はじめてのおつかい

  6. 【長州正論】「日本は自立への覚悟を決めよ」湯浅博特別記者

  7. 【産経抄】5月24日

  8. 【主張】日米首脳会談 同盟で台湾防衛に当たれ 日本はIPEFに積極関与を

  9. 【湯浅博の世界読解】ロシアの戦略的な敗北シナリオ

  10. 【ソロモンの頭巾】長辻象平 ヒラメの応援団 処理水海洋放出「安心」に一役

会員限定記事