立民、衆院選で3新人内定 北海道、青森、山形

立憲民主党は13日、次期衆院選の選挙区で公認予定者となる3人の総支部長を発表した。いずれも新人で、北海道3区の元私立高校校長、荒井優氏(46)、青森2区の元ホテル支配人、高畑紀子氏(57)、山形1区の山形県議、原田和広氏(48)。荒井氏は今期限りで引退する荒井聡元国家戦略担当相の長男。