「ワクチン余っていない」 割当減に名古屋市長が反論

名古屋市役所
名古屋市役所

名古屋市の河村たかし市長は13日、8月に国が配送する新型コロナウイルスワクチンの割当量が減らされたとして「ワクチンは余ってはいない。不満だ」と反論した。厚生労働省は在庫が余っている市町村の配分量を1割削減するとしている。

市によると、12日に国から8月前半に配送される供給量が示され、名古屋市は一定の在庫があるとみなされ、計画枠から1割削減するとされた。