中国、世界経済回復で6月の輸出は32%増

掲揚される中国国旗=北京(ロイター)
掲揚される中国国旗=北京(ロイター)

【瀋陽=三塚聖平】中国税関総署が13日発表した6月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出は前年同月比32・2%増の2814億ドル(約31兆円)だった。新型コロナウイルスの世界的な流行による影響を強く受けた前年の反動に加え、世界経済の回復を受けて欧米向けなど外需に支えられて伸び率は5月(27・9%増)から拡大した。

輸入は36・7%増の2298億ドルだった。堅調な国内経済に加え、国際的な原材料価格の高騰による影響も受けた。輸出と輸入を合わせた輸出入総額は34・2%増の5113億ドル。

今年上半期(1~6月)の輸出は前年同期比38・6%増で、輸入は36・0%増だった。輸出入ともに、国・地域別では米国や欧州連合(EU)、東南アジア諸国連合(ASEAN)の伸びが目立つ。輸入は品目別でみると、原材料価格の高止まりに押し上げられて資源関連が金額ベースで大きく伸びた。

会員限定記事会員サービス詳細