ドラマ「推しの王子様」〝主演の降板×コロナ禍〟の制作秘話

日高泉美(比嘉愛未さん、右)は〝残念過ぎる王子様〟五十嵐航(渡邊圭祐さん、左)と出会う
日高泉美(比嘉愛未さん、右)は〝残念過ぎる王子様〟五十嵐航(渡邊圭祐さん、左)と出会う

主演降板-。15日スタートの連続ドラマ「推しの王子様」(木曜午後10時、フジ)は前代未聞のトラブルに見舞われた。撮影開始直前に、主演予定だった深田恭子さん(38)が芸能活動を休止。ドラマ制作は「間に合わない」と思われたが、比嘉愛未(ひが・まなみ)さん(35)が〝緊急登板〟し、制作陣はコロナ禍対応でわずかに余裕を持たせていたスケジュールを活用、態勢を立て直した。(三宅令)

ハードスケジュール

「芸能界史上初めてじゃないか」。5月25日の撮影開始前日、主演女優の芸能活動休止と降板の一報が、制作陣に知らされた。「寝耳に水。誰も経験したことがない事態に突入した」と貸川聡子(かしかわ・さとこ)プロデューサー。主人公は30代後半、脂の乗ったベンチャー企業の女性社長だ。その年代で、連続ドラマの主役を張れる女優は限られてくる。

死に物狂いで代役を探したところ、他局で別ドラマの撮影をしていた比嘉さんが快諾。そちらの終了から間もない、6月6日に撮影開始というハードなスケジュールが組まれた。

効率化のため、初日から同じ場所の場面は話数をまたいでまとめて撮影した。「比嘉さんは準備期間が数日しかなかったのに、脚本を先の先まで暗記済み。馬力・胆力・対応力が抜群だった」という。「現場はピリピリすると覚悟していたが、制作陣も気持ちが楽になり、思いのほか楽しい撮影になった」と振り返る。

スタッフ東西奔走

コロナ禍への対応で、ドラマの撮影スケジュールは以前よりかなり前倒しされるようになっている。

感染防止のため、移動中の食事が禁止されたり、撮影場所の消毒が必要になったりと、「とにかく以前より、撮影に時間がかかる」ことに加え、「陽性者が出たら、2週間はストップすることを覚悟しなければならない」ためだ。

会員限定記事会員サービス詳細