歴史シアター

藤原京に2つの大官大寺 併存の謎

藤原京に造営された大官大寺跡。完成を見ることなく焼失した=奈良県明日香村
藤原京に造営された大官大寺跡。完成を見ることなく焼失した=奈良県明日香村

飛鳥時代、国家筆頭寺院として藤原京に巨大な伽藍(がらん)を誇った大官大寺は、都とともに平城京(奈良市)に移転、大安寺と名を変えたが、その前身寺院で所在や規模が不明だった「高市大寺(たけちだいじ)」について、相原嘉之・奈良大学准教授(日本考古学)が、その場所を藤原宮東側にあったとされる木之本廃寺(奈良県橿原市)が有力との説を、「奈良大学紀要49号」に発表した。現状で寺院の遺構は確認されてはいないが、瓦などの出土遺物や文献資料から導き出したもので、堂塔の規模、配置も推定した。藤原京には高市大寺から改名した大官大寺とは別に、新しく造った大官大寺があった可能性がある。併存した2つの大官大寺。その変遷を解明する上でも、注目を集めそうだ。

百済大寺から変遷

「日本書紀」によると、高市大寺は天武2(673)年、天武天皇が美濃王らを造高市大寺司に任命し、造営が始まった。「大安寺伽藍縁起幷流記資材帳(縁起)」には同6(677)年、「高市大寺を改めて、大官大寺と号す」とあり、天皇の大寺という意味のある大官大寺に改名して、伽藍も整備されたらしい。

ランキング

  1. はやぶさ2試料 来春にも歴史塗り替える発表

  2. 群馬で30人感染 工場のクラスター拡大

  3. 超小型衛星、折り畳みパネルの展開に成功 大阪府立大など開発

  4. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  5. 新型コロナ、東京で新たに7人感染

  6. 関七段が天元奪取、プロ4年8カ月の史上最速

  7. <独自>朝鮮学校補助金 下げ止まり 令和2年度2・1億円 見直し機運低下

  8. 愛子さま、ティアラ着用のドレス姿ご披露 両陛下への成年のごあいさつ終え

  9. 【経済インサイド】コロナもきっかけ 米国で温水洗浄便座販売が急増

  10. 【びっくりサイエンス】片頭痛の「敵」は日本人のある特徴だった