林芳正氏、くら替え出馬明言 衆院山口3区

後援会事務所の開設式であいさつする林芳正元文科相=11日午前、山口県萩市
後援会事務所の開設式であいさつする林芳正元文科相=11日午前、山口県萩市

自民党岸田派の林芳正元文部科学相(60)=参院山口選挙区=は11日、山口県宇部市で開かれた後援会会合で、次期衆院選山口3区にくら替え出馬する意向を明言した。出席者が明らかにした。3区には、自民現職で二階派の河村建夫元官房長官(78)も出馬する方針で、派閥間の対立を含んだ保守分裂選挙となる公算が大きい。

会合に先立ち、林氏は河村氏の地盤である同県萩市の後援会事務所開設式であいさつし「近いうちに正式な場でしっかりと思うところを述べたい」と言及した。「先の見えにくい時代に、この国のかじ取りをしなければならない」とも強調した。

林氏は、くら替え出馬した場合に党則に沿って処分を辞さない考えを示した二階俊博幹事長の発言に関して、開設式後、記者団に「報道で承知しているが、特に私から申し上げることはない」と語った。