堺市役所でO157食中毒犠牲者悼む「追悼と誓いのつどい」

病原性大腸菌O157による集団食中毒の犠牲者を悼む「追悼と誓いのつどい」=堺市役所前
病原性大腸菌O157による集団食中毒の犠牲者を悼む「追悼と誓いのつどい」=堺市役所前

平成8年7月に堺市で起きた病原性大腸菌O157による集団食中毒で亡くなった児童らを悼む「追悼と誓いのつどい」が12日、同市役所の追悼碑前で開かれた。式典には毎年200人以上が出席していたが、今年は新型コロナウイルスの感染防止に配慮。出席者を永藤英機市長ら10人に限定した。

7月12日は同市教育委員会が24年に制定した「O157堺市学童集団下痢症を忘れない日」。市民有志で開いていた追悼の催しを市と市教委が引き継ぎ、毎年この日に「つどい」を開催している。

式典では永藤市長が「二度とこのような不幸を繰り返さないために、亡くなられた方、被害に遭われた多くの方を決して忘れず、この事件を風化させないと誓う」と追悼の言葉を述べ、参加者らが献花した。

堺市のO157集団食中毒は、小学校で給食を食べた児童ら約9500人が発症、女児3人が死亡した。さらに、発生から20年近く過ぎた27年、発生時に小学1年生だった女性が後遺症による脳出血で死亡している。今でも15人が経過観察や治療が必要とされ、11人が補償合意に至っていない。