自殺志願者殺害認める 35歳男、前橋地裁初公判 - 産経ニュース

メインコンテンツ

自殺志願者殺害認める 35歳男、前橋地裁初公判

前橋地裁=前橋市大手町
前橋地裁=前橋市大手町

昨年8月、会員制交流サイト(SNS)で自殺志願者を募り、知り合った女性を殺害してキャッシュカードなどを奪ったなどとして、強盗殺人や現住建造物等放火未遂などの罪に問われた小船治被告(35)は12日、前橋地裁(水上周裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で起訴内容を認めた。

起訴状によると、小船被告は山本結子被告(31)=強盗殺人などの罪で起訴=と共謀。昨年8月1日未明、川崎市の無職、清野いつきさん=当時(48)=を群馬県中之条町の四万川ダムの駐車場で暴行した上、橋から約32メートル下の川に投げ落として死亡させ、運転免許証とキャッシュカード2枚を奪ったほか、茨城県つくば市にある山本被告の元交際相手の住宅に火を付けて燃やそうとしたとしている。