浪速風

緊急事態 慣れてる場合じゃない

東京駅前をマスク姿で通勤する人たち=12日午前
東京駅前をマスク姿で通勤する人たち=12日午前

東京都が4度目の緊急事態宣言期間に入った。大阪は蔓延防止等重点措置を延長、京都や兵庫は解除…だったな確か。いやもうどこがどうで、何が何だか。酒類提供については東京は休業を要請し、重点措置下の府県では原則停止だが知事の判断で緩和できる…という

▶確かに、地域ごとにきめ細かく対応を決めてブレーキを踏んだり緩めたりする努力は、経済を少しでも動かすためにも必要だろう。ただ、路上飲みはいっこうに減らず、都市部での人出もこのところ増えている。いわゆる〝宣言慣れ〟が広がっているからだ。今後は夏休みにお盆、そして五輪と、感染者が減少に向かう要素はない

▶注視したいのは感染力の強いインド由来のデルタ株である。オランダではその感染拡大で移動制限の再導入となり、感染者の多くは若年層だという。この危機感を政府はいかに国民に伝えられるか。宣言を出す方も出される方も、慣れている場合ではない。