首都高逆走、男性死亡 トラックと正面衝突

11日午前0時半ごろ、千葉県市川市本行徳の首都高速道路湾岸線で、乗用車が逆走し、トラックと正面衝突した。乗用車を運転していた埼玉県草加市の無職、荒井久登さん(52)が全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。トラック運転手の30代女性と、同乗していた長男(7)と次男(3)は軽いけがをした。

県警高速隊によると、乗用車は約10キロにわたって逆走していたとみられ、原因を調べる。

事故の約15分前に「車が逆走している」と110番があり、高速隊が車を捜していたという。