現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月11日

他人を蔑(さげす)む言葉は、笑い話や小噺(こばなし)の範囲にとどめるのが望ましい。「おまえがその顔を改めるなら、おれも素行を改める」「おい、おれの顔がおまえに迷惑かけてるかよ」(柳瀬尚紀著『日本語は天才である』)

▼言いがかり、八つ当たりもこの程度ならまだ許せる。東京五輪の無観客開催が決まり、ある競技の代表選手が他紙の取材に「悲しい」と胸の内を明かしていた。ネット上ではなぜか、非難の十字砲火を浴びた。「開催されるだけでもありがたいと思うべきでは」と。

▼記事によれば、その選手は観衆の前で「感動させる走りをしたい」と願っていたという。新型コロナ禍の閉塞(へいそく)感にあえぐ世の中に、せめて一陣の風を届けたい―という心意気だろう。これも「思い上がりだ」と両断された。選手があなたに何か迷惑をかけましたか。

ランキング

  1. 【ソウルからヨボセヨ】車は〝下車感〟が重要

  2. 【産経抄】5月28日

  3. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  4. 【緯度経度】ウクライナ…仏独に出番はあるか 三井美奈

  5. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

  6. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  7. 【浪速風】人のふり見て、わがふり直せ

  8. 【産経抄】5月27日

  9. 【正論】「国家神道」は戦時下の反日宣伝 東京大学名誉教授・平川祐弘

  10. 【産経抄】5月26日

会員限定記事