五輪観客で秋田と宮城の知事意見対立

オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナウイルス対策本部会合=11日午前、東京都千代田区
オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナウイルス対策本部会合=11日午前、東京都千代田区

11日に開かれた全国知事会の新型コロナウイルス対策本部で、東京五輪会場の観客をめぐって意見が対立する一幕があった。秋田県の佐竹敬久知事が全面的な無観客を主張したのに対し、観客を入れてサッカーを開催する宮城県の村井嘉浩知事は、知事会として無観客を提言するべきではないと反論した。

対策本部はオンラインで開かれ、事前に決めた順番で各知事が発言。佐竹氏は「申し訳ないが、全部無観客にした方が良いのではないか」と述べた。

一方、佐竹氏の後に発言の順番が回ってきた村井氏は「宮城県は、お客さんを入れると決定している。知事会として『全て無観客で』という提言をしないように。準備を始めているので、かえって混乱する」と牽制(けんせい)した。

知事会の提言は、事務局が原案を作成し、各知事の意見を踏まえて修正する。11日にまとめた五輪関連の提言は、観客の是非に言及しない原案を維持することで決着し、村井氏の意見が取り入れられた格好となった。