枝野氏「背伸びしてでも政権交代」

立憲民主党の枝野幸男代表=8日午後、国会内(春名中撮影)
立憲民主党の枝野幸男代表=8日午後、国会内(春名中撮影)

立憲民主党の枝野幸男代表は10日、山形市内で開かれた党県連大会にオンライン参加した。菅政権の新型コロナウイルス対応について「危機管理を間違っている」と批判。「今の政治を変えなければならない。背伸びしてでも何とか政権(交代)にたどり着かなければいけない」と語り、次期衆院選で勝利を目指すと訴えた。

約1年半にわたっている菅政権と安倍前政権によるコロナ対応について「根拠なき楽観論と指揮系統の混乱が続いており、本質的に危機管理を担う能力がないと断じざるを得ない」と非難した。

立民の現状に関しては「今すぐ政権を担うのは率直に言って、かなりの背伸びだという自覚もある」と言明。その上で「しかしどんなに背伸びをしても今の国民の危機を救うためには、命や暮らしを守る政治に転換しなければならない」とした。