福島、一転無観客へ ソフト・野球の全試合

東京五輪のソフトボールと野球が行われる福島県営あづま球場
東京五輪のソフトボールと野球が行われる福島県営あづま球場

福島県は10日、東京五輪のソフトボールと野球が行われる県営あづま球場(福島市)での全試合を、有観客から一転、無観客で実施する方針を固めた。県関係者が明らかにした。内堀雅雄知事が同日夕、記者会見して理由を説明する。

あづま球場では、上限7150人の観客を入れることが8日夜に決まり、再抽選結果が10日に公表されたばかりだった。

21、22両日はソフトボール各3試合ずつを予定し、日本―オーストラリア戦は全競技の先陣を切る。28日には野球の開幕戦として、日本―ドミニカ共和国戦が行われる。

会員限定記事会員サービス詳細