EUがワクチン副反応に心筋炎記載勧告

米ファイザー製のワクチンのバイアル(佐藤徳昭撮影)
米ファイザー製のワクチンのバイアル(佐藤徳昭撮影)

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は9日、米ファイザー製と米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種後に「非常にまれなケース」として心筋炎と心膜炎を伴う恐れがあると結論付け、副反応として製品情報に記載するよう勧告したと発表した。

EMAによると、心筋炎と心膜炎は心臓の炎症性疾患で、息苦しさや動悸、胸の痛みなどの症状が出るという。

ただEMAは認可されている全てのワクチンについて「効果が引き続きリスクを上回ることを確認している」としている。(共同)