五輪、北海道も無観客 有観客は6会場に - 産経ニュース

メインコンテンツ

五輪、北海道も無観客 有観客は6会場に

札幌ドーム(左下)と札幌市街地
札幌ドーム(左下)と札幌市街地

開幕が迫る東京五輪で、大会組織委員会は9日深夜、札幌ドーム(札幌市)で行われるサッカーを完全無観客で実施すると発表した。同日、北海道側から連絡があった。8日に決定した東京、埼玉、千葉、神奈川と合わせ、五輪は新型コロナウイルス感染拡大防止のため5都道県が無観客開催となる。これにより、観客を入れて行うセッション(時間帯)は、全42会場750セッションのうち6会場29セッションに。うち4セッションは販売済みチケットが上限を超えたため再抽選を実施し、結果は10日未明に公表。橋本聖子会長は9日の定例会見で、約7万人の大会ボランティアの再配置や医療体制の再構築など、運営計画の見直しを急ぐ考えを強調した。

観客数上限をめぐっては8日の政府や組織委など代表者による5者協議と関係自治体等連絡協議会で、首都圏1都3県の会場は無観客とし、宮城、福島、静岡の3県は現行の「定員の50%以内で最大1万人」を維持、茨城県は「学校連携観戦プログラム」による観戦のみ受け入れる方針を決めた。組織委は9日、いったんは北海道も有観客とすると発表したが、緊急事態宣言の12日からの再発令が決まった東京都などとの往来を防ぐことは困難と判断、急展開の全面無観客となった。

再抽選の対象となるのは福島県での野球・ソフトボール、宮城県でのサッカー男子の計4セッション。結果は公式サイトで確認できる。無観客のセッションや再抽選で落選したチケットの所有者は自動的に払い戻しとなる。有効のチケットでも20日午前までは払い戻しを受け付ける。ともに返金はパラリンピック終了後となる。

橋本会長は会見で、子どもたちが選手と会場に入場する「エスコートキッズ」の中止を表明。自治体に対しては、パブリックビューイングや「ライブサイト」の中止・規模縮小を検討するよう改めて求めた。

また札幌市で行われるマラソン・競歩やトライアスロンなど公道を利用する競技については、沿道での観戦自粛を要請。自転車ロードレースについてはスタート地点、武蔵野の森公園を「無観客、入場禁止とすることとした」と述べた。

「道民の安全安心を最優先した」 一転無観客決定で鈴木知事

ボトムコンテンツ

競技別の記事一覧